ニュースリリース
プレスリリース
ニュースリリース
最新記事
プレスリリース
イベントカレンダー
メディア連絡先
カテゴリー
キーワード
 

 
プレスリリース
  2017/12/13  
  デルタ電子が「スマートビルディングEXPO」でビルディングオートメーションを展示
~IPベースIoTプラットフォームにより、建物をスマートに~

 
   
   
デルタ電子株式会社(本社:東京都港区、代表者:柯進興)は、第2回スマートビルディングEXPO(12月13日~15日、東京ビッグサイト)にて最新バージョンのIPベースIoTにより構築されたビル管理・制御プラットフォームを展示します。デルタグループ傘下のLOYTEC社の自動化サーバーを基礎として、インテリジェント照明制御・管理及びセキュリティ、グローバルエネルギー管理、ヨーロッパにおける最新のビル省エネルギー規範に満足したルームオートメーションなどを提案しています。

新プラットフォームは十数種類の有線/無線プロトコルに対応でき、高い統合能力を有しています。デジタル制御及びクラウドサービス、ビッグデータ分析により、ビルの運営コストを削減し、快適な空間を構築できます。また、エネルギー消費を最適化することが可能など、IoT技術を駆使したビル管理効率を向上させる最上位の製品です。

デルタ ビルディングオートメーションビジネスグループ責任者の羅永堅氏は「近年デルタは、内部においては先端技術の開発へ投資し続け、外部においては戦略的M&Aを行い、ソフトとハードを全面的に強化し、ビルソリューションの内容を充実させてきました。デルタの子会社であるVIVOTEK社(以下「VIVOTEK」)はスマートビルディングないしスマートシティにおいて必要となるセキュリティソリューションを提供し、デルタが長年にわたり取り組んできた省エネルギー・健康・安全なビルの青写真を完備させました」と述べています。

12月13日から15日までの展示期間中、是非お立ち寄りください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

<会場案内>
展示会名称:第2回スマートビルディングEXPO
公式ホームページ:http://www.smartbuilding.jp/
開催会場:東京ビッグサイト
ブース番号:東6ホール3-2

第2回スマートビルディングEXPOのデルタ展示の概要

オートメーションサーバー:プログラム可能なL-INXオートメーションサーバーを通じて、BACnet/IP及びBACnet MS/TP、LON/IP、LON FT-10、KNX、DALI、M-bus、Modbus TCP、Modbus RTU、OPC、Wi-Fi、EnOcean、VNC等多様な通信プロトコルデバイスに同時対応ができ、また、プラグインのL-IOB I/O拡張モジュールを通じて、高効率及び省エネルギーのビルディング制御システムを実現しました。

ルームオートメーション:L-ROCルームコントローラはIPベースのルームオートメーションシステムを提供。短時間で部屋区画を変更することができ、二次配線の手間を省き、照明制御(定常照明コントローラを含む)及びサンシェード制御、温度制御(冷暖房・換気)、人感センシング、窓監視、入退室制御等機能を提供します。Web画面ベースのLWEB-803/802部屋制御インターフェースを通じて簡単にリアルタイムのモニタリングが実現されました。

照明制御:DALI照明制御ソリューションは定常照明及びサンシェード制御、ゲートウェイ機能を統合し、メンテナンス費用及びエネルギー消費を削減できます。DALIコントローラは、LonMark及びBACnetに同時対応でき、ビル内の照明システムを簡単に統合できます。また、可視化インターフェースでシナリオ編集・照度調整をし、インテリジェント照明制御を実現できました。

エネルギー管理:デルタエネルギーオンラインは、異なる地域のエネルギー消費を有効に統合・分析し、グローバル/地域/ビルなど違う単位で表すことができます。また、複雑かつ膨大な生データを価値のある情報に分析・変換し、エネルギーパフォーマンス指標測定及び検証などの高度な機能により、ユーザーが主要なエネルギー消費項目を識別し、省エネルギー対策の実施を支援します。

UNO室内環境品質サービスソリューション:IoTフレームワークとクラウドタイプ集合型室内環境センサー及び高効率全熱交換器を用いたクラウドサービスです。動的な室内外環境及び人員行為をセンシングし、最適な室内環境品質/快適さ/省エネの制御対策を提供します。

LED照明器具:産業用高天井ランプについて集中的に展示。業界をリードする最高光効率170lm/WのHBDシリーズ高天井ランプをはじめ、厳しい環境に対応できる高天井ランプと軽量化された3.2KgのSBDシリーズ高天井ランプを展示します。センサー制御やDALIスマート制御を加え、「スマートビルディング・スマート照明」のトータルソリューションを実現。

スマートセキュリティ:VIVOTEKは顧客の多様な需要に対し4種類のカメラを提供:出入り口用98%高精度通行人数測定立体カメラ; オープンな空間に最適な1200万画素の昼夜防護・防水・防破壊の360度魚眼カメラFE9391-EV;世界最小のミニ360度魚眼カメラFE8180;廊下通路に最適な夜間防護・15メートル赤外線搭載の180度カメラCC8371-HV。

EV充電及び蓄電システム:デルタAC小型壁掛式充電器は、グローバル主流の充電標準に対応でき、RFIDやAPPによる認証機能があります。蓄電システムは先端の電力変換・蓄電技術を用いて、需要量管理や電力調節、再生エネルギーにおいて高効率の調節ソリューションを提供します。


デルタビルディングオートメーションソリューション
デルタは多様なデルタビルディングオートメーションソリューションを提供します。複数地域・ビルにわたるグローバルエネルギー管理システム(デルタエネルギーオンライン)やビル管理・制御システム、インテリジェント照明、省エネと快適さを同時実現した分散型空調、スマートセキュリティ及び総合的サービスなどが含まれています。フレキシブルかつ拡張可能なIP化されたビル管理・モニタリングプラットフォームを構築し、IoT技術を利用して空調や照明、エネルギー、給排水、エレベーター制御、電力及びセキュリティなどのビル内各デバイスを統合し、顧客のニーズに合わせて各規模・種類のビルに対応し、ビル運営効率と省エネ、安全性を向上させるとともに、快適さと管理・メンテナンスの利便性も実現できます。

デルタについて

デルタは1971年に設立され、電力および温度管理ソリューションのグリーバルリーディングカンパニーであり、産業オートメーション、ディスプレイ、ネットワークなどのいくつかの製品分野の主要プレーヤーです。 「明日のために革新、クリーン、高エネルギー効率の良いソリューションを提供する」という使命の声明は、地球規模の気候変動などの主要な環境問題に取り組むことに重点を置いています。パワーエレクトロニクスと革新的な研究開発のコアコンピタンスを持つ省エネルギーソリューションプロバイダーとして企業体制を「パワーエレクトロニクス」、「オートメーション」、「インフラストラクチャー」の3つの事業分野に再編することになり、デルタグループには153ヵ所の営業所、61ヵ所のR&Dセンター、40ヵ所の製造施設の処点があります。
デルタは、事業成果、革新的技術、企業の社会的責任への貢献において、数多くの世界的な表彰を受賞してきました。 2011年以来、デルタは7年連続で「DJSI World」のメンバーに選定されました。 2016年にデルタは、気候変動リーダーシップ・レベルのCDP(以前はカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)によって5,800の大企業の中から選定されました。

デルタ電子の詳細は右記URLをご参照:www.delta-japan.jp
<本リリースに関するお問合せ先>
デルタ電子株式会社マーケティング課
e-mail: jpmarketing@deltaww.com
TEL: 03-5733-1188 (平日 09:00–18:00)

デルタは「第2回スマートビルディングEXPO」にて最新のビルディングオートメーションソリューションを展示。最前列右から鎌田博之(デルタ電子日本法人BASチーム部長)、Shan-Shan Guo(台湾本社チーフ・ブランド・オフィサー)、柯進興(デルタ電子日本法人代表取締役)。
ソース: デルタ電子
     
   
 
  デルタ電子がスマートマニュファクチャリング・統合ロボット生産ラインアプリケーションを発表 Techno-Frontier...
  「Techno Frontier 2018」に出展...
  「Smart Grid Expo 2018」に出展...
  「HVAC&R JAPAN 2018」出展のお知らせ...
 
r4t4t5
 
 
 
RSS Feeds
プレスリリース
 
 
Information
プライバシー お問い合わせ
ご利用規約  
© 2016 Delta Electronics, Inc. All Rights Reserved.