ニュースリリース
プレスリリース
ニュースリリース
最新記事
プレスリリース
イベントカレンダー
メディア連絡先
カテゴリー
キーワード
 

 
プレスリリース
  2016/08/24  
  デルタグループ台北本社ビルが既存ビルの運用管理の分野において、LEEDプラチナ認証を取得。
 
  過去5年間における40%のエネルギー消費削減の実績から、エネルギーの効率利用に満点の評価。  
   
デルタ台北本社ビルは2016年8月24日、米国USGBC(U.S. Green Building Council, USGBC)よりLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)既存ビル運用管理部門における最高ランクのプラチナ認証を獲得しました。デルタ台北本社ビルは、省エネルギー化を推進、自社製品及びソリューションの採用により、2011年より2015年までの5年間、ビル全体のエネルギー消費を40%削減致しました。特に、照明用電力消費は74%、空調用電力は25%の削減を達成、エネルギーの効率利用に満点の評価を頂きました。類似の地理的環境にあるビルに比べ、56%の省エネ効果があります。米国USGBC上級顧問のジェイン・ヘンレイ(Jane Henley)氏が認証の授与に台湾に赴きました。

デルタグループ会長のYancey Haiは、ヘンレイ氏に感謝の意を述べ、次の内容を強調しました。「国連IPCCの報告によると、ビルによるエネルギー消費は全世界の消費量の3分の1を占めており、またビルによるCO2排出削減潜在能力は最大90%に達します。地球温暖化が日々深刻になっている現在においては、ビルのエネルギー使用の改善こそが地球温暖化を抑える積極的な道と考えています。デルタグループは、過去10年間において、22棟のグリーンビルディングを建設しました。そのうち、8棟はLEED認証を獲得しています。LEED又はEEWHの認証を取得している12棟のグリーンビルディングは2015年において、6,961トンのCO2排出削減に相当する979万Kwhのエネルギーを節約することができました。デルタは、今後も研究開発に取り組み続け、製品のエネルギー変換効率を向上させ、ビル省エネルギーソリューションを提供し、率先して行動し、ビルエネルギー消費による気候への影響に対応していきます。」

ヘンレイ氏は、デルタが過去10年間、世界中にグリーンビルディングの建設に取組み、ビル省エネルギー製品の研究開発を推進し、グリーンビルディング教育活動を積極的に展開、また関連デザインコンテストの主催とその優勝作品を実際に建設すること等の取組みに対し感心の意を示されたとともに、より多くの企業がグリーンビルディングの建設と普及に取り組むことを嬉しく思うと述べられました。

デルタ本社ビルの改修には、HVACスマート空調システム、LED照明ソリューション、エレベーター回生エネルギーシステム、iPEMS管理システム等を採用しました。水資源においては、トイレ節水デザインを導入、32.7%の節水ができました。また、オートメーション化された室内空気品質管理システムの採用により、低温である外気を取り入れ、室内の空気品質を改善、より快適かつ健康的な職場を実現しています。デルタ台北本社ビルは、2014年に台湾グリーンビルディング「ダイヤモンド級」認証を取得しており、既存ビル運用管理部門において、中層ビル(6~15階)の「ダイヤモンド級グリーンビルディング」の台湾初の受賞となっていました。現在では、台湾のグリーンビルディングのモデルとして、グリーンビルディング普及の展示拠点の役割を担っています。
米国USGBC上級顧問ジェイン・ヘンレイ(Jane Henley)氏よりデルタグループ会長Yancey HaiにLEEDプラチナ表彰盾を拝受。
LEEDプラチナ表彰盾。
ソース: Delta Electronics
     
   
 
  「InterBee」に出展...
  デルタ電子がスマートマニュファクチャリング・統合ロボット生産ラインアプリケーションを発表 Techno-Frontier...
  「Techno Frontier 2018」に出展...
  「Smart Grid Expo 2018」に出展...
 
r4t4t5
 
 
 
RSS Feeds
プレスリリース
 
 
Information
プライバシー お問い合わせ
ご利用規約  
© 2016 Delta Electronics, Inc. All Rights Reserved.