ニュースリリース
プレスリリース
ニュースリリース
最新記事
プレスリリース
イベントカレンダー
メディア連絡先
カテゴリー
キーワード
 

 
プレスリリース
  2018/04/20  
  デルタ電子がスマートマニュファクチャリング・統合ロボット生産ラインアプリケーションを発表
Techno-Frontier 2018にてオートメーション・インフラソリューションを展示
 
   
   
デルタは「Techno-Frontier 2018」(4月18日~20日、千葉・幕張メッセ)にて高度な自動化技術と生産ノウハウを活かし、柔軟性に富んだ量産・カスタマイズ生産を実現するスマートマニュファクチャリングを発表しました。デルタの展示ブースでは、日本市場向けの新しい統合ロボット生産ラインアプリケーションを紹介。このオンサイトデモンストレーションは、生産ラインで協力する2つの異なるロボットを統合し、デルタのスマートサーボシステムとロボットコントローラを組み合わせてコンベアで搬送される製品の自動位置合わせを可能にすることで、デルタのオートメーションとスマートマニュファクチャリングにおける技術力を示しています。また、太陽光発電用パワーコンディショナ、蓄電池、エネルギー管理システム、電気自動車の充電・管理技術を統合し、日本の太陽光発電所の運転経験を活かし、急速に成長するEV充電グリッドへの応用をターゲットとしたエネルギーインフラソリューションを提案しています。

デルタグループのChief Brand Officerである郭珊珊(Shan-Shan Guo)氏は、デルタはスマートマニュファクチャリングと持続可能な都市という2つの大きなトレンドに引き続き注力し、革新的な省エネ技術の開発に取り組んでおり、顧客にIoTベースのオートメーション及びインフラソシューションを提供すると述べました。デルタは、高度な自動化技術と長年の生産ノウハウを活かし、スマートマニュファクチャリング向けに量産またはカスタマイズ生産を実現しています。デルタは自社工場からスマートマニュファクチャリング実証ラインを完成させ、大幅な人員削減を実現しています。省エネ・持続可能な都市への取り組みとしては、自ら炭素削減を積極的に行い、グリーンビルディング、EV充電、インテリジェント照明のソリューションを提供。これらの技術的強みと経験は、様々な地域市場で順次実施されています。その一環として、今回、日本チームは自動化アプリケーションとエネルギーインフラソリューションを実証しました。

デルタ電子株式会社(本社:東京都港区)代表取締役柯進興氏は、パワーエレクトロニクス、オートメーション、インフラストラクチャーという三大事業領域において、デルタが革新的かつ高効率なエネルギー製品やソリューション、日本市場向けの品質サービスに長期的に取り組んでいることは、顧客から広く認められていると強調しました。2017年の業績は、2ケタの伸びとなり、デルタの通信電源システムや省エネファンが、日本の大手通信事業者や家庭用エンタテイメント機器メーカー等から年間受賞を受けております。EV充電器は、大手自動車メーカーの新型車に採用され、高効率インバータは、国内トップクラスの昇降機やコンベア、HVACメーカーに採用されています。エネルギーインフラの分野においては、昨年、太陽光発電用パワーコンディショナは最高の売上を記録し、再生可能エネルギーと蓄電システムを組み合わせたいくつかのプロジェクトに導入されました。

スマートマニュファクチャリングやスマートシティの最新動向に対応して、デルタは産業自動化のための新しいアプリケーションを展示しています。その中には、統合ロボット生産ラインアプリケーションや、IPMモータと組み合わせた高効率インバータがあります。また、デルタは、IoTベースの管理プラットフォームに基づき、先進的な省エネ製品やスマートビルへの応用、低炭素輸送、エネルギーインフラソリューションを展示します。それらには、ビル管理・制御システム、室内環境品質サービス、スマートセキュリティ、EV充電および管理、再生可能エネルギー、蓄電システムおよび通信電源システムが含まれます。また、デルタは、建物、運輸からエネルギーインフラまでの各分野において、環境保全と省エネルギーとの企業使命を果たしています。

Techno-Frontier 2018におけるデルタ展示ブースのハイライトは以下のとおりです。
統合ロボット生産ラインアプリケーション: デルタASDA-A2シリーズスマートサーボシステム、SCARA産業用ロボット、ASDA-MSシリーズロボットコントローラを組み合わせた実証実験。従来のコンフィギュレーションと比較して、上部モーションコントローラおよびマシンビジョンは必要ありません。このシステムは、コンベアベルトの自動アライメントを確立することができ、電気機械製品のコストを大幅に低減し、装置の競争力を改善します。27のロボットモード、4軸サーボドライバ、プログラマブルPLC言語を内蔵したMSシリーズロボットコントローラは、顧客が要求されるロボット生産ラインをより自由に構築でき、サーボシステムのコストを低減し、ロボット自動化生産の実装を容易にします。

IPMモータと組み合わせた高効率インバータ: デルタは、低消費電力モータのトレンドに対応し、高効率CH2000、MH300シリーズインバータによる高ワット数永久磁石(IPM)モータを制御するグリーンオートメーションソリューションを、日本のモータメーカーと共同で提供しています。また、高出力周波数の新多機能インバータC2000-HSシリーズを出展し、お客さまへの適用範囲を広げ、より安全でフレキシブルなアプリケーション環境を提供します。

エネルギーインフラソリューション: 日本のスマートグリッドの将来の需要に応え、デルタは太陽光発電用パワーコンディショナを接続して赤穂市にて太陽光発電所を稼動させ、蓄電システム、エネルギー管理システム、高効率電力システム、およびEV充電・管理技術を組み合わせてデルタ電子赤穂エナジーパークを建設しました。デルタはこの経験に基づきエネルギーインフラソリューションを開発しました。現在、デルタは、急速に成長する日本のEV充電市場向けに、インテリジェント充電、フレキシブル課金システム、周辺商業サービスなどを統合したEZQCインフラアプリケーションプラットフォームを立ち上げ、電気自動車充電の新しいビジネスモデルを構築しています。

LOYTECビル管理制御システム: All-IP/IoTベースの管理プラットフォームにより、すべてのビルのサブコントロールシステムを、すべてのビルの通信プロトコルと互換性のあるコントローラを通してIP層に直接統合することができ、統合コストを最小限に抑えます。OA、ホテル管理、プロパティマネジメントシステムなど、他の協力ベンダーの管理システムとシームレスに接続できます。完全なルームオートメーションとDALI照明制御システムは、ビル管理の質と効率を包括的に改善するために、欧州の最新のビルエネルギー効率基準に沿っています。

UNO室内環境品質サービスソリューション: IoTアーキテクチャを利用して、デルタの分散暖房、換気、空調(D-HVAC)ハードウェアとソフトウェアサービスは、クラウドサービスを統合し、屋内と屋外の環境と人間の行動を動的に検出します。このソリューションは、シームレスで戦略的な制御を容易にすることにより、商業ビル内の室内環境品質、ゾーン快適性、およびエネルギー効率の間の最適なバランスを可能にします。

スマートセキュリティ: デルタのグループ企業であるVIVOTEKは、最新のH.265圧縮技術を搭載した360度ゼロデッドレッグ魚眼カメラFE9382-EHVと、25度上下に移動可能な180度水平パノラマビューレンズを搭載した強化夜間照明を備えた180°赤外線カメラCC8371-HVを展示しました。どちらのカメラもIP66防水・防塵仕様で、室内・屋外とも理想的な防塵ケーシング「IK10」を採用。これらは、LOYTECビル管理制御システムと統合され、人々のアクセス、量、行動を監視・管理することもできます。

また、ECファン、通信電源システム、産業用標準電源、医療機器などを展示しています。2018年4月18日から20日まで、幕張メッセのブース5B-43にてデルタの革新的なソリューションをご覧いただけます。

デルタについて
デルタは1971年に設立され、電力および温度管理ソリューションのグリーバルリーディングカンパニーであり、産業オートメーション、ディスプレイ、ネットワークなどのいくつかの製品分野の主要プレーヤーです。 「より良い明日のために革新的かつクリーンで高効率なエネルギーソリューションを提供する」という使命の声明は、地球規模の気候変動などの主要な環境問題に取り組むことに重点を置いています。パワーエレクトロニクスと革新的な研究開発をコアコンピタンスとする省エネソリューションプロバイダーとして、デルタの事業領域はパワーエレクトロニクス、オートメーション、インフラストラクチャーなどです。デルタは、全世界に163の営業拠点、64の研究開発センター、39の製造拠点を有しています。

デルタは、事業成果、革新的技術、企業の社会的責任への貢献において、数多くの世界的な表彰を受賞してきました。 Dow Jones Sustainability World Index(DJSI World)のメンバーとして、2011年から7年連続で選ばれました。2017年、デルタはCDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)の気候変動リーダーシップ・レベルで2年連続で選ばれました。

デルタ電子の詳細は右記URLをご参照:www.delta-japan.jp

<本リリースに関するお問合せ先>
デルタ電子株式会社マーケティング課
e-mail: jpmarketing@deltaww.com
TEL: 03-5733-1188 (平日 09:00–18:00)
日本におけるテクノフロンティア2018にて、デルタのスマートマニュファクチュアリングと最新のエネルギーインフラソリューションを発表。写真右より、Delta Electronics, Inc. チーフブランドオフィサー郭珊珊並びにデルタ電子株式会社代表取締役柯進興。
同展示会のデルタブースは、スマートマニュファクチュアリングとエネルギーインフラソリューションを中心に展示。
ソース: デルタ電子
     
   
 
  「InterBee」に出展...
  「Techno Frontier 2018」に出展...
  「Smart Grid Expo 2018」に出展...
  「HVAC&R JAPAN 2018」出展のお知らせ...
 
r4t4t5
 
 
 
RSS Feeds
プレスリリース
 
 
Information
プライバシー お問い合わせ
ご利用規約  
© 2016 Delta Electronics, Inc. All Rights Reserved.